読んでから観るか、観てから読むか

夏に戻ったような本日…(^0^;)
最高気温は32℃でしたが、真夏の空気とは違いジットリする暑さはなく、一瞬吹き抜ける風が爽やかで、やっぱり秋を感じる一日でした(^^)


以前から読みたかった『きみすい(君の膵臓をたべたい)』が、
ずっと貸出中だったのですが、やっと返却され、私の元にやってきました


今、公開中の映画でもあり、原作を読む前に観てしまおうかと思ってみましたが、やはり読んでからがいいなぁ(^^)とこだわっていました


住野よるさんのデビュ一作でもある本書は、発売されてから、もう2年以上も経っています
読んだ人から「すごくいいです~」とか「感動しますよ~おススメ~」とか言われていましたが、スルーしていた自分…


今回映画化されて、急に読みたくなったのです
2晩かけて、一気に?読んでしまいました
不覚にも、二度、涙がこぼれました

f:id:makuu102:20170913193050j:plain
『皆、何かを選んで、今、ここに居る

大切な何かを教えてくれる人は、必ず存在していて、絶妙なタイミングでその人の前に現れる

それは、偶然ではなく必然

そして、人生というものを知る』

↑いつも私が心の中で思っていること…を主題にした小説であるように思えました


私が今、この本に出合ったことにも、意味があるのかな…とも思いました
(その‘意味’については、あとでゆっくり考えます)


『きみすい』…
を読んで…満足してしまいました(^^;)

~読んでから観るか、観てから読むか~
読んでしまうと結末が分かってしまい、せっかく観る映画に興ざめ感は否めません
結末を知っている本を読むのも然り…とてもつまらない気がします


しかし、前に『アナ雪』を観た時も、読んでからだったのですが、とにかく映像の綺麗さ(3Dを観ました)に感動しました☆
内容を知っていて興ざめする部分もありますが、その物語がどのように脚色されて映像化するのか…という目線で観たら、別の興味が湧いてきて、またそれも面白いのかなぁ…と…
だから、私は、読んでから観る派なのかもしれません


私が今年読んだ本の中での小説部門のNo.1は、
東野圭吾さん作『ナミヤ雑貨店の奇蹟』なのですが、これも映画化されて23日に公開なのです
f:id:makuu102:20170913205339j:plain
『きみすい』とともに、観てみたい作品です♡